小島よしおのネタ誕生話あれこれ1


小島よしおのネタ誕生話についてブログで調べてみると意外な事実があるようです。小島よしおとは若手お笑い芸人で、2007年流行語大賞のトップテン入りを果たした人物としても有名です。小島よしおは派手な色彩のブーメランパンツ一枚でネタを披露する若手芸人。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ4


また小島よしおの「そんなの関係ねぇ」「オッパッピー」は、2007年ユーキャン新語・流行語大賞で上位10点に選ばれた事から、高い認知度を誇ります。その影響からか小島よしお人気にあやかりたいと、小島よしおのネタである「そんなの関係ねぇ」をそのまま利用した「ソンナノカンケーネ」という競走馬もデビューしました。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ7


小島よしおの「オッパッピー」は、小島よしお曰く「オーシャン・パシフィック・ピース」の略のことだそうですが、本当は違うとか。ブログには「オッパッピー」の本当の意味が書かれています。また小島よしおの他のギャグについても誕生秘話があるようなので、一度見てみるとよいかもしれません。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ6


小島よしおのネタのひとつには、もうひとつ「オッパッピー」という言葉があります。「オッパッピー」と言いながら小島よしおが決めポーズをするのがお決まりで、このポーズも小学生に人気です。小島よしおの「オッパッピー」は「そんなの関係ねぇ」のあとに利用されることが多く、区切りの役目を果たしています。以前は明確な区切りがなくフェードアウトしていく形のネタ披露でしたが、最近は「オッパッピー」で締めるというスッキリした形になってきたようです。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ2


見た目のインパクトだけで目立とうとする若手芸人の多いなか、また裸芸人という難しいジャンルの中でもネタの面白さから頭一つ飛び出しブレイクしました。2007年小島よしおより若干早くブレイクしたムーディ勝山は、あっと言う間に小島よしおに人気を奪われてしまったようです。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ5


小島よしおの「そんなの関係ねぇ」は練りに練られたギャグではなく、その場しのぎの何気ない一言がきっかけだったようです。そんな一言が予想外の大きな反響を呼ぶことになるとは、小島よしお自身も思いつかなかったのではないでしょうか。

小島よしおのネタ誕生話あれこれ3


小島よしおもムーディ勝山も一発屋芸人として呼び声が高かったのですが、小島よしおは少しずつ変化を加えながら、いまだ人気を維持していますね。小島よしおのネタの要である「そんなの関係ねぇ」と「オッパッピー」は、その使い勝手のよさから小学生などに大人気です。小学生に人気のある若手お笑い芸人として藤崎マーケットもいるようですが、小島よしおのネタは痛快自虐ネタとして使いやすく、忘新年会などのかくし芸として広いファン層を掴んでいるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。